公社について

理事長からのメッセージ

令和2年4月

神奈川県住宅供給公社 理事長 浅羽 義里
神奈川県住宅供給公社
理事長 浅羽 義里

 このたび神奈川県住宅供給公社理事長を拝命しました、浅羽義里です。

 新型コロナウィルス感染症の拡大により神奈川県はもとより国内外で、かつてないほどの緊急対応が迫られております。
 当公社におきましても、賃貸住宅や高齢者住宅にお住まいの方々の生命及び健康を第一と考え、併せて従業員や関係者の皆様にも配慮しながら事業に取り組んでまいります。

 さて、本年9月で公社が設立されてから、70周年を迎えます。
 これもひとえに、多くのお客様や関係者の皆様のご理解とご協力、ご支援の賜物であると考えており、感謝の念に堪えません。
 今秋に向けて、広く皆様にご参加いただけるイベントやセミナー、展示など様々なコンテンツをご用意しております。ぜひ、こちらにもご注目ください。

 当公社の主力事業である一般賃貸住宅事業においては、ライフステージに合わせて住宅を住みつなぐ「生涯賃貸」を、高齢者住宅事業では、人生100歳時代を迎え、健康寿命を延伸し、いつまでも健康に暮らす「生涯自立」をコンセプトに様々な事業を進めています。

 引き続きステークホルダーの皆様との連携をさらに強化しながら、県民の皆様に安心・安全で快適に暮らしていただける住まいの提供に一層努めてまいります。
 また、これからも、時代の変化を見つめながら、暮らす人々の未来に目を向け、住宅というモノだけでなく、「住まう」から「暮らしを楽しむ」へ、コミュニティを大切にした「暮らし」=コト・ヒトに焦点を当てて20年、30年先を見据えて持続可能な社会の再構築を目指して事業に取り組んでまいりますので、当公社への変わらぬご支援を賜りたくお願い申し上げます。